日本のために死ぬことを望んだ人

シェアする

日本のために死ぬことを望んだ人

『弔むらはる 人に入るべき身なりしに 弔むらう人と なるぞ恥ずかし』

これは、高杉晋作が読んだ歌です。

自分が弔われる側に入るべき人間なのに、実際は自分があなたたちを弔う側になっていることは恥づかしい。という意味です。

日本の行く末のために命を賭け、命を捧げることを誉れとさえした忠の境地に私たちは心が打たれるのです。

追伸:IROASでは、従来の学校の歴史の教科書ではなく、
人文学的なアプローチから歴史をお伝えしています。

興味のある方は、下記から説明会をリザーブし、詳細を聞いてください。
説明会を予約する

COMMENT ON FACEBOOK

Bitnami