戦前日本人が大切にしていた20の徳目

シェアする

戦前日本人が大切にしていた20の徳目

明治時代の教育綱要では、孝行、和順、信義、立志、仁愛、倹約、貞操、敏知、公平、識断、忠節、友愛、勤学、誠実、礼譲、忍耐、廉潔、剛勇、度量、勉職の20の徳目を大切にするように説かれています。

当時の日本人の国際評価は群を抜いて高い地位にありました。今はエコノミックアニマルです。当時の精神修養の教育レベルの高さは全世界を見渡しも群を抜いていたのです。

追伸:過去の日本はどのようなことを教えられていたのか?
そのことを知りたい方は下記の音声を聞いてください。
音声を聞く

COMMENT ON FACEBOOK

Bitnami