旅行中の移動を楽しむ方法

シェアする

TicaBusTrip

旅行中の移動を楽しむ方法
By Tatsuya Shiraishi

日本でバスに乗るとだいたい2時間起きごとに、休憩所で休憩が入りますが、
TicaBusでは一度も休憩が入りません^^;

18時間ほどぶっ通しで進んでいきます。

バスの中にトイレがあり、ご飯も飛行機のように支給されるので
(ご飯なしプランもありますが、誰もそのプランを選びません。)ずっと止まらず走ってくれてある意味慣れるとこちらのほうが快適です。

イミグレーション(国境にある旅行者、移民管理局)では止まりますが、あまり休憩といった雰囲気ではないですね。

さて、今回は、旅行中の移動を楽しむ方法についてお伝えしていきたいと思います。

移動はかなり時間を使うことになるので、この時の時間の過ごし方が大切だと思います。

移動中活躍するツールアプリ5選

1:Kindle

収入は間違いなく読書量に比例します。

Google創業者のラリーペイジさんやビルゲイツさん、楽天の三木谷社長も多読家で知られており、1年で100冊以上は本を読んでいるそうです。

移動の時間はこうした本を読むチャンスです。

お気に入りの書籍をダウンロードして、Wifiがなくても
読めるようにして起きましょう。

2:Audible

移動中に酔う体質の方は、オーディオブックを聞く習慣を作りましょう。

隙間時間の使い方があなたのキャリアを決めます。

移動している時は、基本的に耳は空いてますので、その時にぜひオーディオブックを流していってください。

Audibleというアプリは、オーディオブックがたくさんありますので、聞き流すだけで本を読むことができます。

読書が苦手な方はこちらから7つの習慣や思考は現実化するなどの古典を聞くところからスタートすると良いかと思います。

3:AirPod

ノマドワークで活躍する3選にもエントリーしましたが、AirPodは神です。

ワイヤレスイヤホンの決定版といっても過言ではありません。10分ほどの充電で3時間ほど持ちますので充電の速度も素晴らしくよいです。

ワイヤーが全くないので収納の場所にも困らずすっとカバンの中に入りかさばったりケーブルがこんがらがることもありません。

4:iPad

Audibleの視聴は、スマホで良いと思いますが、Kindleの視聴は、iPadのほうが見やすいです。

海外にいてもキンドルで日本語の書籍を好きなだけダウンロードできるので本当に便利な時代になりました。

世界を旅しながら何千冊でもこの機器だけで持ち歩くことができます。是非、手に入れてください。

5:iBooks

Eチケットやバウチャー(予約証明書)などは、すぐに、MacのAirDropを使って、iPhoneに同期をし、保存先にIbookを選んでください。

時代はどんどんEチケットに移行していますので、印刷してプリントアウトせず、PDFファイルを見せればそれで終わりです。

チケットの提示を求められた時に、いちいちカバンをゴソゴソ漁ったり、Wifiからメールを開いたりするのは非効率ですし、海外では、Wifiが繋がらない場所もありますので、最初からチケットは全てiBooksに移行しておきましょう。

なお、私は、パソコンスマホタブレッドの組み合わせは
Mac、iPhone、iPadをお勧めします。

データの連携がスムーズだからです。

なお、中南米などの、治安の悪い国では、旅行者のチェックが厳しめです。

犯罪者やマフィアが移動してくる可能性があるからだと思います。

そのさいに、情報開示をしなければならないものとして

  • 次の渡航先の移動チケット(飛行機でもバスでもフェリーでも良い)
  • ホテルや民泊の宿泊先

上記の2点が必要になるケースがあります。

国によって違いますが、上記2点を提示できなければ入国できない場所もありますので、移動をする前にしっかりと
上記2点を提示できるようにしておきましょう。

ぜひ参考にしてください。

追伸:あなたも世界中を旅したいですか?

モバイルインカムを確立するにはメールに戻って下記のリンクをクリックし、世界中を居住地に変えるリバティーレジデンツに参加をしてください。

あなたの夢は現実になります。

COMMENT ON FACEBOOK

Bitnami